25歳からの婚活 30代の独身OLが結婚できるのは30%の現実

1人じゃ寂しすぎる。愛する人と人生を歩みたい 

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 未分類 > 20代必見、30代になると卵子の老化が激しい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20代必見、30代になると卵子の老化が激しい

産みたいけど 産めない 「卵子老化」の悲劇

女性は一生分の卵子を持って生まれ、生まれたあとは減る一方。卵子は生まれてからずっと卵巣に保持され続けているので、女性とともに年齢を重ねます。
この加齢の影響を受けて、卵子はさまざまな分野で機能に異常が生じてきます。。


女性の卵子は年齢とともに年を重ね、35歳の女性が出産できる可能性は20歳代の半分になる。
30歳ころから徐々に妊娠がしずらくなると医療関係者は指摘しています。


卵子の老化を知らなかった為に、今苦しんでいる女性が多くいます。
不妊治療を初めて4年目になるの女性です。
これまで、体外受精を20回以上行ってきましたが、出産には至っていません。
かかった費用は700万円以上に昇ります。
学会によると 不妊治療で子供が生まれた割合は
35歳で 16.8%
40歳で 8.1%

こうした卵子の老化は学校などできちんと教えられてこなかったのが実情です。
不妊治療に訪れて初めて知る人が後を絶ちません。

・精子は毎日新しく作られる
・卵子は女が生まれたときに作られ、歳とともに劣化、死滅していく

・精子は一度の射精で約一億の中から選別される
・卵子は一度の排卵で約一千の中から選別される

・精子は奇形だと卵子までたどり着けずに死ぬ
・卵子は奇形でも精子がやってくると受精する

・精子は卵子にDNAを渡したら役目を終えて死ぬ
・卵子は精子からDNAを受け取ったら細胞分裂を繰り返して人間になる

劣化卵子の子供に与える影響がどれだけ大きいかよく分かりますね。

20代での、結婚妊娠がいかに大事がわかりますよね。

時間は待ってくれません、恋活、婚活は積極的にですよ。

記事は、他からの抜粋によるものを引用掲載しております。


スポンサーサイト

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。